2015受検者レベルアップ講習会

毎年1月の3連休のところは2日間の養成講習会を行っていたのだが、今シーズンは3日間フルにレベルアップ講習会となった。
養成講習会1はこの後の1/24-25となる。

養成講習会ではフォローしきれないスキー基礎力アップを目指す講習会だった。
受講者は意外に少なく5班構成。その内の1班が指導員班となる。
講師は5人+末松SAJデモ
サブライズ参加のデモは半日単位で各班に合流するし、
放課後の時間を利用して希望者に合同トレーニングまで行うという贅沢な内容の講習会でした。

私の担当は最高齢の2班
画像
画像


初日は基本的なポジションの確認に重点を置き、プルークと横滑りを遊びを交えながら講習。
     大事なのは、板をたわませられる位置にいること。たわんだ板の解放に合わせて運動していくこと。
2日目は午前中にデモと合流し大回り系の基礎を十分に練習。
     さすがデモ。最初の大回りは目を背けたくなるような感じだったのに、終わるころには
     普通に見れるまでになっていた(スバラシイ)。
     重点的にやった事はターンの仕上げをしっかり行う事。午後は復習+α
3日目は夜に降雪があったので、朝の2本は裏ダボス右手の丘からの深雪レッスン。
     ここではリズムとストックの大切さを学べたと思います。
     その後はシュナイダー、表ダボス、裏ダボスと移動しながらレベルアップの仕上げを行った。
     小回りで他人のリズムに合わせるシンクロ、
     棒立ちでレールターンを行い、板に全体重を預けてみる、 など。
     低速系をみっちりやった事で、荒れた急斜面での小回りでも難なく降りてこれるようになりました。
     大回り系は気が抜けると元の状態に戻るので、デモのアドバイスを忘れないように。

レベルアップの講師陣です。
真中はジャンプの船木似の末松SAJデモです。
画像

天気もこんなに良かったです
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック