世界でただ一つのギター(スキー選手サイン入り)

土曜日の事ですが、修理中だった私のギターとキャプテンの愛機ギターを引き取り、ついでに、キャプテン家まで届けてきました。

その際記念に撮ったギターを公開。
左は中出阪蔵1969年、右は河野 賢1974年、そして真ん中は貴重なサインで埋め尽くされたShinanoギター
画像



まずは左端から
名匠、中出阪蔵さんがキャプテンのために1969年に作成したもの(そう書かれています)です。
画像

今回届けたのがこれ。
ネックリセット、指板矯正、リフレットそしてナットやサドルまで作り直して生まれ変わって来ました。
柔らかくバランスが良い音は癒されます。
  リペア作業は行きつけの RUNEギターメンテナンス にお願いしました。
  ここの主人は以前イシバシ楽器に務めていたそうで、古巣のI楽器やWMなど
  都内大手楽器店からの修理委託品がたくさん並んでいます。


次に右端は 河野 賢 Kouno Masaru 1974年No15
パランスがとても良いギターです。
画像



そして今回紹介したいのが真ん中のShinanoギター
正直、モノは前出の2つには到底かないませんが、海に山に色んな所に連れまわし弾き倒して来たギターであり音が育って負けてません。

なによりもこのサインを見て下さい。

アルペン金メダリストの グスタボトエニさん
アルペン銀メダリストの 猪谷千春さん
全日本アルペンスキー3冠王の 丸山仁成さん
今も現役の 平沢文雄さん

どうですこれだけのサインが書かれているギターはこれだけですよ!
画像


しばし3台の引き比べ。
クラシックギターのナイロン弦の音色に癒されました。
画像


私のギターもお気に入りだけ手元に残し、整理ですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック