ATOMIC Redster ブーツをタイトにするパーツ(STI仕様?)

今シーズンはブーツを新調して使用している
ATOMICのRedster(レッドスター) WC130 だ。
新しい試みが満載で色んな調整できるのだが、以前使用していたSTIモデルに比べてゆとりがありすぎて遊んでしまう感じがしていた。

で、このパーツを取り寄せて年末から使用しているが、このパーツ、熱烈なATOMICユーザーでも案外知らないレアアイテムらしいので、ここで紹介します。
画像

このブーツにはソールの硬さを変化させされるパーツが3種類ついてくる(黄色:柔らかい、白:中間、黒:硬い)が、その上にフットベット?と言う発泡スチロールをギュッと固めたようなパーツを載せるのだが、その代替品となる。
このフットベットは通常のブーツでも必ず入っているものだが上記写真の通り形状が大きく違う。
 右側: ノーマル品(細い方)
 左側: 今回入手したもの(でかい方)


裏側も見てみよう、上2つが今回入手して使用しているパーツ
・上側: 表面(オプション)
・中側: 裏面(オプション)
・下側: 標準搭載パーツ
画像
標準パーツのうえに1枚中敷を入れた様な作りになっている(左右の幅も狭くなる)。

厚さの比較をしてみる。
以下の通り、約3mmほど中敷相当の部分があるためフィット感がタイトになる。
画像


パーツ品番は AZE000762255  Redster Boot Board STI (25.5cm用)
品番の最後にSTIと記載されているので、STI風のフィット感になるのだろうと勝手に推測している。

気になる値段だが、定価¥3000?程度なので、¥2000台で入手できる。

フィット感が気になる方、ぜひ、お試し下さい。
人によっては、かかとを高くしたい要望もよく聞くので、かかと側に3mm程度のスペーサーを貼り付けるのもお試しあれ。

また、左右のヒンジ部分のパーツも別途付属しているので、組み合わせを変えることで、かなり前傾角度を起こした仕様にする事も可能です。
私も含め、ふくらはぎの太い方には自前の前傾角度が付いているので、調整で起こすことが可能なのはうれしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック