ノートPCのキートップ交換方法

廃棄ノートPCが2台あり、動作を確認するに2台のいいパーツ同士を組み合わせれば、1台して復活しそうだったので作業をおこなった。

本体そのものは液晶の綺麗さとボディの綺麗さ(塗装の剥げが少ない奴)を選び、クリーニングしたのでOK。
キーボードは故障しているがキートップが綺麗なものと、動作はOKだがキートップの文字消えが多く汚いものがあり、どうしてもバラバラにしてクリーニングしてからキートップも綺麗なものを組み合わせる必要が出てきた。

折角なので記録をかねて、キートップのはずし方とつけ方を公開しよう。

1.はずし方
これは、簡単です。
キートップの上側(液晶側)に爪を引っ掛けて真上に引き上げるだけ。
ちょっとバキっと音がするので怖いのですが、簡単に外れます。
キーボードの下側(トラックパッド側)から外そうとすると壊れるので注意!

外すとこうなります。
汚れがひどいキートップは丸洗いが早いです。少しであれば、1個づつ拭きながらの作業となります。
画像


2.キートップのアップ画像
キートップを裏返して見ると、下側は突起物をスライドして入れる部分があります
上部ははめ込む構造になっています。なので外す時と付ける時はキートップの上側(モニター側)だけに力を入れる必要があります。
画像
画像


3.キーボード本体側
たいがい本体側はパンタブラフ構造になっています。
モニター側にドライバなり、爪楊枝なりを差し込んで持ち上げてやる必要があります。
画像を見れば分かりますが、キートップ上部側は垂直方向に。下部は水平方向にスライドする構造になってます。
画像


4.キートップの取り付け
キートップを取り付けやすいように、ドライバ等でキーボード本体側を起こしてやったあと
キートップ下側のスライド部分と先に入れます。キートップをモニター側からトラックパッド側にスライドして噛み合わせる感じです。
画像

下側がかみ合ったらそのまま垂直にキートップ上部側を押し付けます。
パキっと言う音とともにかみ合います。まぁ慣れですね。
画像


キートップのクリーニング時に応用してみて下さい。

ちなみにデスクトップ型のキーボートは、単にはまっているだけの奴と高級タイプでは今回のノートPCのような構造になっているのと2種類あります。メーカー製のキーボードははまっているだけのタイプが大半ですね。
これも専用工具(引っ掛けて持ち上げるヤツ)があり、それを使うと効率がかなり良いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック