スキー侍、やってもうた

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013GW帰省(1.久しぶりの実家は)

<<   作成日時 : 2013/05/09 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月連休に実家の青森に帰るのは十数年ぶりだろうか。

4/27(日)の13:30頃に埼玉を出て、途中の一関市で温泉に入り、実家の野辺地町到着は24:15頃。
目立った渋滞も無いし、青森県の八戸ICから三沢・野辺地方面に有料道路(百石道路+第2みちのく道路)の工事がけっこう進んでいて助かりました。

私の実家は、この看板で言うと「下北道」の文字の辺り。
下北道が実家のすぐ脇を走ってます。
画像


久しぶりなので、町中を色々回ってみました。

ここが駅。高校時代は毎日青森駅まで汽車通学したものです(電車じゃありません)
小さい駅ですが下北半島との分岐駅であり、昔は南部縦貫鉄道(バス汽車)も走ってました。
画像


小学校のそばにある愛宕公園では祭りの準備がされていました。
山頂からは相当数の鯉のぼりが泳いでいます。
画像


ここはいつもホタテを買うところ。
スーパーでも売ってますが、ここでしか買ったことないなぁ。
画像

土産は「中型」サイズで十分です。
一応それ以上のサイズを土産用で推薦していますが、結構高くなります。

で、自宅で食べるなら、結構小さいですが、小型でも十分です。
なにしろ1kgあたり¥350と安い!
画像

これが小型サイズのホタテ。
2kg ¥700です
画像
画像


焼きは、炭があるなら貝殻ごとがベスト。
貝殻は海の中で、黒い側(殻が浅い)を上に、白い側(殻が深い)を下にして生息しています。
焼く時には裏返して(黒い側を下にして)焼きます。
 → 焼けるとパカッと貝が開く。身は開いた白い側に付いている。
 → 貝を裏返して(白い側を下に)、黒い側を外す
 → 醤油を少し垂らし、外した貝でふたをする
 → 程よく焼けたら貝毒防止のため黒いウンコのような塊を捨ててから食すべし

刺身は、食感が異なるので両方試してみましょう
 ・丸いまま、横にスライス
 ・縦にスライス
究極は丸ごと食べるのも良し。口の中に甘みが広がります。


漁港の近くには、こんな場所があります。
ホタテ貝の貝捨て場です。
画像

車と比較してみます
画像


実家でおばあちゃんと初顔合わせの「こんにちは」です。
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013GW帰省(1.久しぶりの実家は) スキー侍、やってもうた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる