スキー侍、やってもうた

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013フィットネスセミナー1(駒沢公園)

<<   作成日時 : 2012/09/05 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2013シーズンの最初の行事、フィットネスセミナーに参加してきました。
今回は役員ではなく、参加者としてです。

講師陣はおなじみの飯島講師と宮野講師。コーディネーターは内藤専門員。
画像


本来野外で行う予定でしたが、外は時折スコール状態の雨ため、急遽室内(会議室)で行われました。
約25名ほどの2グループに分かれ、私は午前中は飯島講師側のグループ。

体の柔軟性を常に点数をつけて常に確認する方法を紹介されました。

たとえば以下のケース。
片足を両手で掴んで膝が5cm以上持ち上がれば5点、それ以下だと4点、持ち上がらない場合3点、片足を片手でしか掴めない場合は2点、全く掴めない場合は1点。など
画像

以下の場合だと、自力で水平まで足が開く場合は5点、手で押し付けて水平になる場合は4点など
画像

脚の内転の場合は、靴3足分の幅を取り、膝と膝がくっつけば5点など。
画像
発展系はコレ
画像

スクワット姿勢(しゃがんだ状態、太ももが水平で止めた状態、立ち上がった状態)での確認方法。
つま先を開かず前に向けた状態で脛の角度と背中の角度が平行を意識します。
画像
背中が丸まってはいけません
画像

おなじみのクロス姿勢です。肩のラインと腰のラインが平行(四角形を保ったまま)。
例だと左足から右肩にまっすぐラインが伸びます。この時、足裏は小指側ではなく、べた踏みを意識します。
画像



昼食を挟んで午後は宮野講師によるピラティスの時間です。
(午前中ピラティスのグループは午後は飯島講師側のトレーニング)

シールを全身に貼りアライメントの確認と意識付け等も行ったのですが、写真取り忘れていたので数点のみ紹介。
画像
画像

座った際には坐骨を意識しなるべく広げる様意識するとか
足裏の小指球、母指球、かかとで地面を掴むようにとか

次回は9/29
場所は稲城市の予定です(ダメなら再度駒沢公園)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013フィットネスセミナー1(駒沢公園) スキー侍、やってもうた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる