スキー侍、やってもうた

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013スキーシーズンスタート(事務担当者会議ほか)

<<   作成日時 : 2012/09/01 04:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1週間ほどまえ(8/25)、2013シーズンの事務担当者会議が中野ZEROにて行われた。
2012/08/01より一般財団法人としてスタートし、最初の行事だ。

私は急遽オペレータとして参加となったが、この会議に出ることで、シーズンの情報が先取り出来るのは大きい。

最初に新法人の役員紹介があった。
会長はあの猪谷千春さんである。
お飾りの会長になるつもりはありません!とのメッセージが発せられた。
連盟の内部改革が期待出来る。
画像

気になる点だけ。
・今シーズンから各クラブの事務担当者宛の郵送物の電子化を本格的に始めたい旨説明があった。
450を超えるクラブ宛に年間数十通の郵送物を送っているが、その郵送費は相当金額になるだけに、事務局としても経費節減だし、事務担当者にしても紙よりも電子物の配布の方が楽チンなのだ。
せっかくなのでクラブから連盟に対する提出物についても電子化に切り替えて欲しいとの要望があがったのは言うまでもない。

画像

・有資格者向けの研修会に、ナショナル/SAJ、デモンストレータを集めたスキルアップ研修会が4行事加わった。
豪華講師だけに参加費も通常研修会費5000に加え、特別講習費5000がチャージされる。
(ガーラ湯沢:1/26-27、2/23-24、4/20-21。白馬五竜:3/16-17)
せっかくの研修会だし、こちらの参加もねらい目かな。

・指導者養成講習会が菅平で3回実施(1/13-14、2/2-3、2/26-27)されるが、3回目は会場が分かれ、指導員のみ、今シーズンの検定開場である尾瀬岩鞍で行われる。受検者にとっては検定開場で練習ができるのでお勧めしたい。

・準指導員検定会は3/9-10で実施
2010年度より単位制がスタートし、初年度受検者にとっては単位の最終年となる。
今シーズン合格に至らなければ、全て単位を失い、2014シーズンからはイチからのスタートとなる。
そのためか、受検者用のレベルアップ講習会を2回実施する(12/23-24、3/2-3)。
出来るだけ多くの講習会に参加し、受検講習履歴照明書として、検定会の受付時に提出して頂きたいとの事であった。
(何を言わんとしているか、受検者なら汲み取って欲しいところですね)

・新規行事として、バックカントリー講習会(時期未定)および、スノーシュー・テレマーク講習会(3/16-17)が案内された。
私も興味があるのでイチ参加者として申し込んで見ようかな。

・年間シリーズ戦のスキーマスターズ戦は、1戦:1/20(ガーラ湯沢)、 2戦:2/17(軽井沢)の2戦でシリーズチャンピオンを争う。今シーズンは私も戦いに復活するつもりだ。
そして昨年から始まったオープンマスターズスキーコンテストは3/23(菅平)となる。

以上、事務担当者会議からでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本日、第1回目の検定委員会が行われた。
研修委員会は大幅なメンバーチェンジとなった模様だが、こちらは若干の入れ替わり程度。
まずは在京の養成講習会理論の講義内容について意見が出された。
私からは、意外と知らない用具の手入れ(ワキシングやチューンナップ)について講義を設けたらどうか提案を行った。
結構滑らないスキーを履いている受検者は多い。滑るスキーが上達の近道なのだ。エッジも立てれば良い物でもない。

あとはS委員長より、準指合格者に対するフォローの提案があった。
これから育てて行きたい企画なので期待して欲しい
(ヒント:せっかく取った資格を活用できる場を提供できないかな)

研修会理論の場で何とか発表できるところまでもって行きたい。

今週末はフィットネスセミナーに受講者として参加だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013スキーシーズンスタート(事務担当者会議ほか) スキー侍、やってもうた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる