スキー侍、やってもうた

アクセスカウンタ

zoom RSS 栂池プライズ検定

<<   作成日時 : 2011/03/29 02:52   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

この週末はガソリンも入手できたので栂池に行ってきました。
目的は相方のテクニカル受検。

土曜日早朝に出かけたのですが、なんと雪。
上信越自動車道でタイヤチェックしてました。

現地に着くと湿った新雪が30〜40cm積もってました。
さてスキー学校でまずは事前講習の受付です。
スキー学校に入ってすぐ左に歴代クラウンの合格者の名前が残っています。
画像

あれ〜?
どこかで見たことのある名前がちらりほらり。
予選上位選手や全日本出場選手がざらですね。

いつかはココに名前を残したいですね、なんか私も受検したくなって来ました。

検定委員会所属の仲間達と、今後の目標は「クラウンagain!」
簡単じゃないから長い事楽しめそうで良いね〜なんて話してた。

取り敢えず、事前講習だけ受けてみようって事で私も¥5000で申込みしました。

クラウン受検班は2班編成、私は松田富士人ナショナルデモ班でたった6名で、デモクリニックみたいです。
テクニカル受検班は数班(数えていなかった)、1班あたり12名程度と多い。
雪は大変重い新雪30〜40cmと最悪な状態。
小回り用の板(Atomic D2 typeS 165cm)がベストチョイスです。
(TypeA 169cmでは上手く曲がれませんでした、RaceGS 181cmは出しもしなかった)

午前中は大回りを行いましたが事前講習生6名+講師、全員ショート板でした(笑)
大回りでは、
 切り換え時に重みが抜けないこと。
 谷回りが長いこと。
 抱え込みによる切り換えは評価が低いこと。
 切り換え時には外足の上まで重心を持ってくること。
 ターン方向を見ないこと(見ると必要以上に深回りとなる)。
 ストックを突く位置は体から遠くへ(出来れば後方へ)。

課題がたくさんですが、 んっ! 楽しくなって来ました。
私の班にめちゃ上手い人がいました。板を見るに八方48thの印が。
そう、先日の全日本技術選出場者でした(オガサカチームウェア、京都?代表)

午後は小回りタイム
バンクラインから縦ラインまで3タイプの滑りをトレーニング。特に不整地は問題なし。ちょっとうれしい。

整地小回り(と言っても湿雪でボコボコ)では、
 谷回りに重みがなく山回りでのみエッジングしている。
 ストックの突く位置が体の近くなので、体の後方に突くようにする。
 懐を深く。幅を取った

怪我するまでは小回りが得意種目だったのに上手く出来ないのが悔しい。
上体を起こしてストックを体から離して突く事だけを意識。

悪天候のなか(時折太陽が顔を見せるのが救い)、事前講習が終わりました。
膝の調子も好調のままです。
このまま検定を受ける事に気持ちが固まりました。

本日の宿は、白馬のチロリアンタワー 1泊素泊まりで¥1980/人、 2人で¥3960と格安です。
駐車場までが送迎となりますが、この安さは魅力的です。
宿の教えてもらった定食屋で満足したあとは爆睡でした。


さて検定本番です。快晴です。
画像
画像


クラウン受検者39名テクニカル受検者104名、合計143名と大人数なので2班に分かれて進行です。
1班は、クラウン班+テク1〜40番、
2班はテク41〜104番。
相方は2班です。 
どうやら先週もプライズ検定があったらしいのですが、濃霧で中止となった模様。
そのため今回は多い模様です。
また、スキーグラフィックの撮影も来ていて撮影承認にサインしてきました。

検定順序は
整地大回り、整地小回り、不整地小回り、フリー、不整地大回り、の順序。
検定バーンはチャンピオンゲレンデ。 ローテーションはありません。


ここ栂池では、滑り終わった直後に点数が公開されます。
なので判定会議なんか無い模様。(温情なしって事なのね〜)
スタート上部ではこんな感じで待ってます。
画像


・整地大回り
 切り替えでの重みがしっかり表現できました。で、合格点でました。ちょっと望みが出てきました。

・整地小回り
 ちょっと引っかかる雪だったので慎重に行き過ぎました。
 ストックワーク何か気にせず、もっと幅を取って落差のある滑りをするべきでした。

ここで、不整地(コブ)の整備を全員で行います。

・不整地小回り
 ラインは4本、昨日の練習では一番深かったラインを行きます(って言うか自分で整備したからね)
 スタート位置は練習時よりかなり下からで、難易度が下がってます。
 バンク系滑りでミスらしいミスは無いものの、積極性が足りませんでした。
 もっと行けたのに慎重になり過ぎました。かなり悔やまれます。

小回り系はもっと積極的に行けたのに抑えてしまいました。
クラウンたるもの100%で行かなければダメです。

・フリー
 小回り大回りとは違う、隣のバーン(一般が滑っていたところ)で行われました。
 ゴールラインが下に延びました。
 曇りになり視界が悪く雪面の凹凸がわかりません。
 斜面を大きく使い検定員の視線を動かす作戦に出ましたが、途中飛ばされました。
 切り換え時の重みも表現できませんでしたが、一杯一杯でした。
 これが現在の実力です。

・不整地大回り
 雪が降って来てさらに視界が悪くなってきました。凹凸が見えないのが一番つらいです。
 切り換え時の重みを表現して行きましたが、整地の時とは大違いの雪質で
 上手く表現できませんでした。ゴール付近で危うく体が回りコケそうになりました。ふぅ。


点数公開性なので、自分が合格か不合格かははっきりしています。
相方と共に撃沈です。
遅い昼食を取り、数本練習した後、撤収です。

帰りにはスキー学校に立ち寄り、結果一覧を確認してきました。
画像


検定結果です。
・クラウン
 39名中、1名合格  合格率2.5% (事前講習で同じ班の技術選選手のみ合格)

・テクニカル
 104名中、10名合格 合格率9.6% (テクで80点なんか初めて見ました。メチャ上手です)
 実は、合格者の大半が1班側に集中していました。
 上手い人が多かったのと、クラウンの滑りに刺激を受けた結果なのかも知れません。


私はクラウン受検者の中で合格者を含め5番目の成績でした。
   練習すれば「クラウンagain!」計画も夢ではないかもしれない。

久しぶりにハードな滑りをしたので、膝は水がたまったようで腫れています。
ん! 来年は技術選予選会に復活してみようかな。

自分の実力も確認できたし、まだまだチャレンジできることが解り、スキーが楽しくなってきました。

ちなみに相方は得意だったはずの不整地小回りで大打撃を受けて落ち込んでました。
でもね、課題だった大回りはかなり良くなっていたから 大丈夫だよ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



東日本大震災で出かけるのを自粛するのが当たり前の風潮になっていると思うが

   私はそう思わない。

        スキー場に行って見れば解る。


私たちの大好きなスキーで生活している人たちは、とてつもないキャンセルの嵐により、今後の生活がままならない状況にいる。


こんなにたくさんの雪があるのに、お客様が来ないので早々と今シーズンの営業を打ち切ったところも多い。


自分たちの大好きなスキー場、そしてそこで働く人が居なくなったら本末転倒です。
経済を回す為にも被災地への援助だけではなく、スキー場に行ってお金を落としてきましょうよ!



来シーズンもスキーが出来るために。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ご協力あざ〜す(#^.^#)
Kie
2011/03/29 08:48
NGパターンに多数協力させて頂きました
はらポン
2011/03/29 10:59
今週末は是非、プライズ@サンメドウズでリベンジを!
もっちゃん
2011/03/29 12:08
今週末は最後の菅平で調整って思っていたけど、サンメドウズでやってるの?
気持ちがグラグラしちゃう(膝の腫れが引けば行っちゃうかも...)
はらポン
2011/03/29 12:26
来月号の『クラウンへの道』空けとくね〜〜(^^)/~~~
kie
2011/03/29 19:57
憧れの響きのページですね。
膝の腫れが引いたら行っちゃいましょう
(今日の状態ではまだダメですが....
宿だけでも検索しておくか。

  調べたら翌週は玉原でも開催の模様。
はらポン
2011/03/30 14:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
栂池プライズ検定 スキー侍、やってもうた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる