スキー侍、やってもうた

アクセスカウンタ

zoom RSS スキーマスターズ技術選 第1戦 ガーラ湯沢

<<   作成日時 : 2011/01/24 16:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今シーズンもシニア選の季節がやってきました。
第1戦の場所は、昨年までの富士見パノラマに変わって、ガーラ湯沢です。

昨年までの人口降雪のカチカチ系バーンから、湿った天然雪へと状況が大きく変わってます。
しかも最近は大雪が続いているので尚更です。

金曜日深夜に湯沢入りし、大会本部と同じ宿(みのりや)に宿泊しました。

土曜日は早速大雪の中での練習ですが、相変わらずスキー初日は右ひざ痛で滑りになりません。
特にHARTのSL板を最初履いたのですが、エッジがきつ過ぎて滑りにならないので、今シーズンより新設された下山コースを利用して麓の駐車場まで板交換に行きました。
新潟特有の湿った雪は麓に近くなるに従って、エッジが雪を捉えたまま離しません。
板がズレてくれず膝も悲鳴をあげ、非常に怖かったです.....

ショート板は履きなれたATOMIC D2 TypeS 165cmに変えて来ました。
適度にズレてくれるので、これなら大丈夫です。
ロング用は、借用したATOMIC D2 TypeA 174cmですが、大雪過ぎて曲がれなそうです。
悩んだ結果、普段履きなれたD2の169cmに戻す事にします。

午後からはガーラ湯沢スキースクール主催の技術選向けワンポイントレッスンを行っていましたが、膝痛で受講できる状態でなかったので、ひたすら滑走量を稼ぎ、膝が慣れてくるのを待ちました。
15時過ぎには膝痛が収まりやっとまともな練習体制になりました。

と言う訳で、マニアの森の住民(7組)を集めて、ミニ練習会です。
メンバーは、豪華に昨年の総合チャンプと一昨年の総合チャンプを迎えて、スマシカオさん、そして私。
バーンがかなり荒れているので、小回りの対策です。
練習結果で、ゆったりと幅を取り降りてくる(ガッツリしない)方針に纏まりました。
しかしながら北陸を地元とする40オヤジさんの滑りはガーラにフィットしており参考になります。優勝かな...


========== 大会本番です ========================

開会式です
昨晩の雪が膝ぐらいまであります
画像
画像
参加者も大変ですね。
今回から技術選と同様のジャッジが電光表示となりました。
画像
ジャッジ席も雪を考慮してテントの中になります。
画像


ここ、ガーラ湯沢の大会バーンは「ジジ」コース
そうですね、軽井沢プリンスの大会バーンをイメージしてもらって、
ゴール前に落ち込みが追加された感じでしょうか。
ジャッジ席からは中間部分の緩斜面での足元はほぼ見えません。
また、大回り小回りと並行しての運営ができず、1種目づつこなす必要があります。

大雪のため、以下の進行に変更がありました。
・小回り、フリー、大回りの順(天候により大回りはキャンセル可能なように)
・ローテーションはなし。ビブ順に女子、男子の順。

老眼鏡が必要な世代ばかりの大会ですので、何より視界の確保が1番の問題です。
富士見パノラマ、軽井沢プリンス、菅平高原と過去の開催場所で問題の無かった部分が、ここガーラには有ります。
白馬五竜の際は1度きりでしたが、ここガーラの場合は数年は開催すると思われるので悩ましい部分ではあります。

  視界が悪く、吹き溜まりや雪面の凹凸が解らない
    → 恐怖心、怪我につながる可能性

  実際問題、大会では、見えない吹き溜まりに足を取られるケースが多々発生しました。
  なにしろ見えないんですから。
  解決策は、こまめなバーン整備でしょうか。
  種目別ではなく、数クラス滑走したらバーン整備するくらいの感じじゃないと
  降雪バーンでは安心して競技出来ません。マスターズならではの問題ですね。


さてさて、競技結果ですが、

小回り: 258点 トホホ (でもクラス別6位でした)
 正面バーンが荒れていたので、上から見て右側のバーンに突入
 中斜面の終わり頃に全く見えない吹き溜まりあり、そこに見事に右足のみ突っ込みました。
 腰が回ったのをストックを杖代わりに4ターンほどかけて危うく転倒の危機を乗り越えました。
 評価が出る訳も無く、初の260点未満です。
 ちなみにトップは270点ですから12点も違います。

フリー: 259点 連続トホホ (クラス別7位)
 何とか取り戻そうと、雪質を考えず、ガッツリ系で行ってしまいました。
 連続の260点未満でスキー止めようかと脳裏に浮かんだくらいです。
 演技は何たるかを忘れた見本です。昨日は大回りをほとんどしていなかったのが良くなかったですね。
 昨日の練習仲間のスマシカオさんは会心の一本で261点です。負けてしまいました。

大回り: 262点 なんとか持ち直しました(クラス別4位)
 昨年シーズンチャンプが斜面変化部分の荒地に突っ込み、何と右スキーが外れました。
 でもそこはチャンプです。そのまま滑走を続けていきます。
 が、ゴールでは片足でとまりきる事は出来ず、顔面からのクラッシュでした。
 ジャッジ席では足元が見えないのでゴールしてから片スキーが無いのに驚いていました。
 それを見て、フリーの反省で優しく行こうと決めました。
 私の後から滑走するもっちゃんにも、研修会系の滑りで行った方が良いよ〜とアドバイスもらい、スタート。
 ふんわり丁寧に滑りゴール。やっと出ました262点です。

後ほどビデオを見ましたが、小回りは良くぞ転倒しなかった感あり。
フリーは上体を潰し、雪質を考慮しない、面を使わない滑りで、評価がでる訳もなし。
大回りは上位と同じ様に面を使った滑りが出来ていました。後は実力不足。


大会終了後は、今シーズンより再開となった南エリアに行って見ました。
全く整地されていないバーンとの表示があります。
画像
画像
大会を反省し、しっかりと面を使った滑りで1本だけですが堪能してきました。


15時からは表彰式です
画像
画像

7組(マニアの森)の成績です。
 1位: 40おやじさん  2位: もっちゃんさん  3位: 外山さん
 やっぱりこの方々は強いです。
画像

 その他、4位:「と」さん(アクシデントが悔やまれます)
 そして私が5位でした。


最後にガーラ湯沢の佐藤譲さんより挨拶がありました。
そして参加者全員にスキーからのささやかなプレゼントが佐藤譲イグザミナーより手渡しでありました。
   さすがJR。太っ腹! 
是非、ガーラに(できれば新幹線で)来て下さいとの事です。
さらに4人ものナショナルデモがスクールでお待ちしておりますので、併せてご利用下さいと、宣伝告知もさすがです。
画像


さて、来月は緩斜面で苦手な軽井沢ですが、それまでに演技が出来る様
滑りを変えてきたいと思います。

仲間がいるスキーってたのしいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回はご一緒できて、貴重なアドバイスをたくさん下さり、本当にありがとうございました!

スキー侍さんの膝の調子が心配です。僕も以前悪くした膝に爆弾を抱えているで、今シーズンはサポーターを携帯して臨んでいます。

目標としているスキー侍さんのレベルに到達するまでには、僕はまだまだ足りないことばかりです。今後もご一緒させていただき、学ばせていただく機会がすごく楽しみです。
スマシカオ
2011/01/25 20:58
講習会スタイルじゃなく、仲間内であれこれコメントを言い合うのは楽しかったです。
また軽井沢の大会前日は同様のスタイルで楽しめたらいいですね。

PS:
言葉遊びの様な言い方は共感を得づらいので、スマシカオさんの、山足・谷足って表現は解り易くて良いと思います。
はらポン
2011/01/26 08:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スキーマスターズ技術選 第1戦 ガーラ湯沢 スキー侍、やってもうた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる