スキー侍、やってもうた

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008スキーセミナー2 (題名のないセミナー)

<<   作成日時 : 2008/06/21 18:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

題名のないセミナーの2回目に参加してきました。

第1回目は千葉信哉さんでしたが、今回の講師は毎年おなじみの渡辺一樹さん。
(そういえば、スキーを始めた頃よりずっと一樹さんのビデオが私の先生でした)
画像


今回、PCを新調しての登場です(ちらっと見た限りでは、DELL XPS1330だったかな)

技術選の映像を元にDVDでは言えなかった事も交えて色々解説して頂きました。
さすがに参考になります。いろんな選手の解説はDVDを見てくださいとさりげなくPRも。

そしてこんなモジモジ君みたいなカッコをして筋肉の収縮データを取ってきた時のお話もありました。
外足の筋肉を大きく使っている感覚だったそうだが、データを見るに、内足すねの筋肉の方がより使っているのを発見した模様です。初心者等でのデータ取りでは、その傾向がより顕著に現れていました。
スキーの上達には内足すねの使い方がキモかもしれません。
画像
数年前に松沢聖佳さんが出演していたビデオ(カービング&グラインド)で同様のデータを取っていたことを思い出しました。

次回3回目は、伊東秀人さんの予定です。

ところで、今日は早めに会場に到着したのですが、面白いものを見たので以下に写真を載せます。
画像
画像
画像
椅子ってこうやって出てくるんですね。初めて見ました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2008スキーセミナー3 (題名のないセミナー)
スキーセミナーの第3回目が金曜日に行われました。  ・第1回目は千葉信哉さん  ・第2回目は渡辺一樹さん そして第3回目の講師は伊東秀人さんでした。  (よく伊藤と間違われるので、資料でも伊東と赤く記載してました) 今回は、昔の貴重な映画 (題名:銀嶺の王者、トニー・ザイラーがトニー・シュナイザーとして主演) を見てから、その技術と現在の技術の違いを独自の展開で紐解いて頂きました。 通常は大回りでの解説が多いですが、今回は小回りを題材に来シーズンのヒントに繋がる興味深い解説... ...続きを見る
スキー侍、やってもうた
2008/07/12 21:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008スキーセミナー2 (題名のないセミナー) スキー侍、やってもうた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる