スキー侍、やってもうた

アクセスカウンタ

zoom RSS 養成講習会終了。今後の単位受検制度について

<<   作成日時 : 2005/11/06 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スキーの話です。
私の所属する県連行事の準指導員、正指導員受検者のための養成講習会の理論について全日程が終了しました。合計600名ほどの参加がありました。
在京の理論は全て終了したので、後は雪上の実技を残す限りとなりました。
みなさんなるべく今シーズンで合格しましょうね。

ところで、ビックニュースです。
指導員検定はすでに2年まえより、単位制が実施されていますが、来シーズンより準指導員検定でも単位制が導入されそうです(各県連単位で選択可能。北海道と東京都が採用予定!)。
なので今シーズンの受検者はちょっと気合を入れて受検して頂きたいと思います。

準指導員の場合、単純に考えると、以下となります。
・現状   : 実技9種目のうち7種目○+理論○で合格
・単位受検: 実技9種目+理論の全て○で合格
1回で合格を目指している人は、2単位まで×できる今シーズンが最後のチャンスとなります。
単位受検の良いところは、単位受検は養成しながら受検の意味合いをもっていますので、単位期限の切れる3年でほぼ全ての受検者が合格できる可能性のあるところです。
どちらが良いかは受検者の考え次第かと思います。
正直なところ、上位合格者は問題ありませんが、下位合格者については、さらに準指の技術レベルが下がってしまうのかぁと言う気がしています。
整地以外滑れない、小回りが上手く出来ないから当然コブが滑れない...数年前の準指では考えられない事です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
養成講習会終了。今後の単位受検制度について スキー侍、やってもうた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる